AGAで薄毛・抜け毛に悩む男のブログ

AGAに急になってしまってどうしようと試行錯誤しています。

AGA治療薬のプロペシアについて

プロペシアの特徴

">プロペシアは、フィナステリドを有効成分としたAGA(男性型脱毛症)の治療薬です。AGAの成人男性を対象とした医薬品であり、高い発毛効果が期待できるとして人気があります。もとは脱毛予防や毛髪を強くすることを目的とした薬でしたが、継続的に服用することにより、増毛の効果も見られることがわかっています。病院での処方の場合は、保険適応外となるため通常の薬より高価となります。通常は6か月、早い場合は3か月で効果が見られ、6か月効果が見られない場合は、服薬を中止します。副作用の例として、肝機能障害、性欲減退などが認められています。プロペシアは肝臓で働く薬なので、肝臓に問題のある方は医師と相談してからの服薬するかどうか決めます。また、プロペシアの取り扱いに注意が必要なのは、妊娠中の女性、妊娠の可能性のある女性です。プロペシアは男性ホルモンに作用するもので、妊娠中の女性や妊娠の可能性のある女性が成分を吸収してしまうと、胎児に影響する可能性があるとされています。薬は無害なものでコーティングされていることが多いですが、念のため触らないようにしましょう。

 

プロペシアジェネリックについて

プロペシアジェネリックは、継続的な服用が必要とされるプロペシアについて、患者の経済負担を軽減するために役立ちます。プロペシアジェネリックは、フィナステリド錠として処方され、1錠あたりの値段がプロペシアと比べてメーカー価格で100円程度安くなります。ただし、保険適応外の薬ですから、どこで薬を手に入れるかによっても価格は違ってきます。 ジェネリックというと、価格が安いぶん効果が期待できるのか、安全なのかなど不安になるものです。しかし、プロペシアジェネリックも他のジェネリック薬品と同じように、同じ有効成分を同じ量配合されているため、基本的に効果に違いはないとされています。ただし、メーカーの違いにより、製法が異なっている可能性があります。敏感な方や気になる方は、ジェネリックでは効果が感じられないということもあるかもしれません。ジェネリックも新薬同様、三か月は続けてみて、効果が見られない場合にはメーカーを変える、新薬を試すなど違う方法を試してみると良いでしょう。ジェネリックだと思うだけで、効果が出にくくなる場合もあります。

AGA治療薬の種類

フィナステリドについて

フィナステリドとはAGA治療薬としてよく使われる成分の一つです。AGAは男性ホルモンと5αリダクターゼという物質が結合することで、薄毛を促進する物質が生まれ、髪の毛が抜けてしまうという病気ですが、フィナステリドはこの5αリダクターゼの働きを抑制してくれる効果があります。結果的に薄毛を促進する物質が生成されることを防ぎ、髪の毛が生えてくるようになるのです。

フィナステリドが配合された薬には様々なものがあります。代表的なもので言えば、プロペシアフィンペシア、プロスカーなどです。AGA改善のためにホルモンに直接働きかける薬には、ほとんどフィナステリドが配合されているので、AGA治療には欠かせない成分の一つと言うことができます。

フィナステリドには副作用があります。男性ホルモンが抑制されるため、性欲減退、勃起不全、精液減少のような陰部に関わる副作用が多いです。服用をやめればほとんどの場合、症状は改善されるのですが、子作り中の方は服用する時期を考えたほうが良いでしょう。

フィナステリドは女性には効かない薬です。そして、妊娠している女性の場合、薬に触れるだけで胎児に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため取り扱いにも注意が必要です。

 

ミノキシジルについて

ミノキシジルもAGA治療薬として使用される薬ですが、AGAを直接的に治療する薬ではありません。ミノキシジルは元々、血管拡張薬として使用されていた薬です。それが後々、薄毛にも効果があることがわかり、広く薄毛改善薬として使用されるようになりました。

血管拡張薬として使用されていた薬ということもあり、ミノキシジルには血行促進効果があります。髪の毛は血液から栄養を受け取り、成長していくため、血行が悪い状態だと、充分に成長できません。ミノキシジルで血行不良が改善されれば、髪の毛が育ちやすくなるため、ミノキシジルは直接AGAを治療する薬ではありませんが、AGA治療薬として使用されているのです。

ミノキシジルの副作用として一番多い症状が多毛症です。これは全身の毛が濃くなってしまうという病気ですが、ミノキシジルの効果によって全身の血行不良が改善されることで起きてしまいます。頭だけを血行促進させることはできないので、大なり小なり、このような症状が現れることは覚悟しておきましょう。

ミノキシジルは心臓に病気のある人が使用することを禁じられています。血行促進効果により、発作を引き起こす可能性があるからです。また、他の薬との併用ができないこともあるので、特別な疾患がある人や薬を常用している人は、そのことを医師に伝えた上で、服用するようにしましょう。

薄毛を改善する方法

薄毛を改善する方法とは

薄毛の原因の多くが、ストレスです。
ストレスから自律神経のバランスを乱し、血行が悪くなります。
血行が悪くなった事から、血流が悪くなり薄毛になると言われています。

自律神経とは、交感神経と副交感神経という正反対の働きをする2つの神経から成り立っています。
2つのバランスが働くことで、健康を維持できています。

交感神経は、活動や緊張している時、ストレスを感じている時に働きます。
逆に副交感神経は、休息時やリラックスして寝ている時に働きます。

交感神経が働く時は、副交感神経系は休み、どちらかが働くシーソーのような仕組みになっています。

この事から、交感神経が働き、ストレスを感じている状態になります。
このストレス社会、ストレスがない人なんてめったにいないですよね。
それじゃあ皆さんが薄毛に悩んでしまいます。その為にストレスをなるべく感じる前に発散しましょう。
カラオケに行ったり、買い物、普段しない運動をしてみたり、無理ない程度でストレスを発散しましょう。

次に注意したほうがいいことは、肉中心の食生活です。
外国人に比べ、日本人は労働時間が長く簡単に手軽に食べられる、外国の食文化が浸透し、ファストフードやジャンクフードのお店が増え、バランスの悪い食生活になり、肥満になる人も増えてます。
食生活も気をつけるように野菜も摂り、バランスのいい食事に改善しましょう。

いつもの行動に運動やサラダを取り入れたり、すぐできる事で防ぐ事ができるので気になる人は行動に移しましょう。

それでも薄毛が改善されない場合

それでも改善されない場合は、病院に行きましょう。放置して置くと薄毛や抜け毛が進行してしまいます。

まず抜け毛や薄毛の原因がどこからきているのかを自分で判断してみましょう。

生理不順や生理関係、妊娠や出産の前後なら、婦人科に行きましょう。
頭皮に痒みが出たり、フケが増えたり、湿疹や炎症が起きている場合は皮膚科に、
思い当たるストレスや精神的にきているものは、心療内科に、
抜け毛の他に内蔵や体に症状がでたら内科にかかりましょう。

抜け毛や薄毛でも違う所から来ていることもあります。
上に該当しない場合は、薄毛治療クリニックへかかりましょう。
女性の方で薄毛治療クリニックへ行きづらい方は、レディース頭皮外来などという女性向けの病院も今は出来ているそうです。

40代以上の方が多いと思っていましたが、実際は20.30代の利用者が多いそうです。
一人で悩むとまたストレスを溜めてしまい逆効果になります。自分に合った病院をインターネットで検索してみましょう。髪は女性男性関係なく第一印象でも見られて印象付けてしまう所です。無料で相談できる病院もあるので相談してみましょう!生えてくる、増える喜びで悩みがなくなり笑顔になれますように。

頭皮マッサージは抜け毛に効果があるって本当?

頭皮のマッサージ方法

朝起きたらいつもより枕元に落ちてる髪の毛が多い、なんてことはありませんか?
若いからまだ大丈夫とか、家族で髪の毛が薄い人がいないとか油断していると、頭皮にたまったダメージが抜け毛を増やしてしまいます。
それを防ぐためには普段から頭皮を健康に保つように食生活はもちろん、マッサージも重要になってきます。
ただ、間違ったやり方だと逆に頭皮にダメージを与えてしまいます。なので、ここで紹介する正しいやり方できちんと頭皮をケアしていきましょう。
使用する道具は特にありません。自分の指だけで大丈夫です。
①生え際のマッサージ
 前髪の生え際に沿って両手の指を置き、そこからゆっくり、大きく頭皮を動かしていきます。この時に爪を立てたり力を入れすぎてはいけません。
②頭頂部のマッサージ
 頭頂部の左右に両手の指先を置きそこから頭頂部へ向けて動かします。先ほどと同様に爪は立てずに、頭皮を中央に寄せていくようなイメージでマッサージをしましょう。
③側頭部のマッサージ
 耳の後ろに両手の指先を置きます。大体人差し指が耳の後ろにある、首の少しへこんだ部分に置き、親指は首の付け根あたりに来るようにしましょう。
 指をセットし終えたら親指以外のそれぞれの指で小さく円を描くように動かしていきましょう。
以上3つを約5分~10分くらいの時間で行いましょう。

何故抜け毛に効果があると言われている?

マッサージをすることによって得られる効果は以下の2つになります。
・頭皮の血行を良くする。
・血行を良くすることで頭皮を柔らかくする。
頭皮が固いと血流が悪くなり、細胞が活発に働かず髪の毛が弱くなってしまう他、皮脂などの汚れも溜まりやすくなり、結果、抜け毛や薄毛の要因になってしましまいます。
頭皮マッサージは頭に刺激を与えることによって、頭皮を走る血管の血の流れを良くすることができ、血流がよくなれば自然と頭皮も柔らかくなることに加え、溜まった汚れを外に押しだし、育毛剤などがより浸透しやすくなるなどの効果も期待できます。このような点からも、抜け毛を防ぐには、頭皮マッサージが効果があるといわれています。
しかし、ただ闇雲にマッサージをしてしまうと逆効果です。
・力を入れすぎないこと
・爪を立てないこと
こちらの2つを注意しながらマッサージを行いましょう。
力を入れすぎたり、爪を立ててしまうと刺激が強すぎて頭皮にダメージを与えてしまいます。
「ゆっくり優しく」を心がけ、ちょっとした空き時間でも継続してマッサージをしていくことが、抜け毛を防ぐ一番の近道になりますので、
皆さんも今日から実践していきましょう!

 

薄毛や抜け毛の原因とは?

薄毛の原因は?

薄毛になってしまう原因は人それぞれです。良く聞かれる原因としては、歳をとったことにより代謝が悪くなったり体質が変わることで薄毛になってしまうといったような年齢のせいです。

ですが、年齢のせいだけではなく自分の普段の食生活や生活習慣の乱れが原因になってしまうこともあるものです。

ですから薄毛になっていると感じたら、髪に良い食べ物を食べたり、髪1本1本を丈夫にするようなヘアケアを心がけるようにもしましょう。せっかく髪が生えてきても弱々しい髪ばかりであったり、すぐに抜け落ちてしまうようであれば弱く細い髪ばかりで薄毛にもなってしまうでしょう。

ですから丈夫な髪を維持できるように、頭皮状態を良くするようにもしましょう。乾燥していたり保湿が足りていないような状態であれば、せっかく生えてきた髪にも栄養がいきわたらず薄毛にもなってしまいます。

薄毛にならないようにするには頭皮のかゆみ、フケに対応できるような頭皮ケアシャンプーを使うというのも良いでしょう。

薄毛の原因が頭皮にあるような時は自分でわからないようなことも多いので、美容院に行ったときにスタッフに確認してもらっても良いでしょう。

抜け毛の原因は?

抜け毛は今や女性が抱える悩みの一つでもあります。

女性は女性ホルモンがあるため禿げたりするほど抜けることはないとも言われますが、ストレスで円形脱毛症になったりすることはありますし、またシャンプーした時にたくさん抜けるようなことがあれば気になるでしょう。

原因としてはストレスがありますが、その他にシャンプーが合っていないということと、整髪料やパーマ、カラーのやりすぎで毛根から髪が弱って抜けやすくなっているということもあります。若い時から繰り返しカラーやパーマをしている人であれば、毛先だけでなく頭皮から弱っているようなことも考えられます。

ですからシャンプーを低刺激のものや植物性のものに変えて頭皮からケアしていくというのも良いでしょう。

シャンプーでケアしていくことによって、頭皮状態も落ち着き、AGA(薄毛や抜け毛)を改善する事が出来るかもしれません。

また、爪を立てて頭皮を洗わないようにすることも大事です。

抜け毛が多いということは毛穴に汚れが詰まっていることや頭皮に問題があることも多いので、清潔を保つようにしたり、頭皮が蒸れない環境つくりもしていくと良いでしょう。